MENU

logo

結露対策に真空ガラス・スペーシア

熊本市北区 H様

結露対策工事依頼です。

5年前に結露対策として真空ガラス・スペーシアを取り付けられた


OBのお客様からの追加工事の依頼です。


ありがたい限りです。


最近、一段と寒くなってきましたね。


そんな時期にお悩みなのが、窓の結露ではないでしょうか?


窓拭き作業も一苦労。でも、でもそのまま結露を放置しておくと、


様々な問題を引き起こす可能性があります。


例えば、窓際の床や壁紙が結露した水で湿って、ふやけて浮いてきたり、


カーテンやじゅうたんが濡れて、カビやダニが発生ということも。


体にも良くないですよね。


結露対策として、窓リフォームはいかがですか?


さて、H様に戻ります。今回も結露対策として、


ワークスペースの窓を真空ガラス・スペーシアへ交換しました。





真空ガラス・スペーシアはガラスとガラスの間に真空層をつくることで、


一枚ガラスの約4倍、 一般的な複層ガラスの約2倍の断熱性能を実現しました。 


それにより結露の発生要因を抑え、結露対策にも効果を発揮します。

今お使いのサッシがそのまま使えて、取り替え工事も簡単です。

さらに、トイレ、洗面所の三角出窓にもスペーシアを希望されましたが、


結露軽減の効果を考えると内窓の方が効果を得られやすい条件であったため、


内窓インプラスをおすすめし取り付けました。





費用も内窓の方が安くなります。


お客様により快適に過ごせるベストなプランを


ご提案します。


H様、ありがとうございました。
記事一覧へ