logo

断熱のポイントは窓

冬の寒い日、エアコンやファンヒータなどで温めた部屋の熱は、58%が窓から流出します。全体の暖かさの約半分が窓から流出してしまい、屋根や外壁に比べるとずば抜けて高いことが分かっています。また、夏の部屋の暑さ、空調の効きにくさも、窓から熱が73%も流入することが原因です。

住宅の断熱性能を上げるためには、窓の数を減らすことが一番良いのですが、太陽の光を屋内に取り込んだり、春や秋に自然な風を取り入れるためにも窓は大切なものです。また、防犯としても窓は大切であり、窓の有無は外観のデザイン性にも大きな影響を与えます。

採光・採風・意匠の為に必要十分な大きさや種類の窓数を確保した上で断熱性能を上げる事を考えなければなりません。

夏に流入する熱の割合
冬に流出する熱の割合

窓からは、夏73%冬58%もの熱が出入りしています。

結露対策にも窓は重要

冬の窓まわりの問題の一つが結露です。結露がひどくなれば、窓まわりの柱がもろくなり、カビの発生やシロアリなどの発生の原因にもなります。

このような結露の対策にも、窓の交換は有効です。フクシマ建材では、結露対策にお勧めの窓枠や窓ガラス、内窓について多数取り扱っております。

【なぜ、結露は発生するの?】
暖房器具で暖められた空気は多くの水蒸気を含むことが出来るようになります。 しかし、冷たい外気にさらされたアルミサッシやガラスに触れると急激に冷やされ、一杯に握りしめていた水蒸気を「もう持てないよ!」と手放してしまいます。これがサッシやガラスに付着する結露です。

冬に流出する熱の割合
ワンポイント!
結露対策には樹脂製の窓枠がおススメ

熱伝導率と、結露には大きな関係があります。
熱伝導率が大きくなると、結露も発生しやすくなります。
この表を見てみると、一般的に使われている窓枠のアルミニウムは221と飛び抜けて高い事が分かります。

一方、ガラスは1.00、さらに樹脂(プラスチック)は0.17で、低いことが分かります。

このため、樹脂製の窓枠を利用することで、結露の発生を大きく抑えることができます。

冬に流出する熱の割合

騒音を窓で防ぐ

外の騒音や室内の音漏れは、窓枠や窓ガラスを取り換えることによって対策することができます。

外の騒音が気になる
  • 車の騒音で眠れない
  • 犬の鳴き声が気になる
  • 近くに学校や保育園がある
冬に流出する熱の割合
音漏れが心配
  • ピアノの音が漏れていないか
  • 子供の声が大きくて心配
  • ペットの鳴き声が迷惑でないか
冬に流出する熱の割合
騒音の多くは、空気の
振動によって伝わる音

自動車の音・電車や踏切の音・犬の鳴き声など外から聞こえてくる音。また屋内では、楽器の音、赤ちゃんが泣く声などは空気の振動によって屋外に漏れてしまいます。

これらの音は、外壁よりも窓枠の隙間や窓ガラスによって伝わります。このような音は、窓の防音工事によって防ぐことが可能です。

冬に流出する熱の割合

防犯・防災対策は
窓まわりから

空き巣の侵入場所として、最も多いのが窓です。また、地震や台風、強風で被害が大きいのも窓ガラスです。

フクシマ建材では、窓まわりの防犯・防災商品として、シャッター、面格子、防犯ガラス、雨戸等を取り扱っております。

シャッター

ぺヤプラス仕組み
高い防犯性・防災性

快適なマイホーム生活を送るためには、窓は欠かせませんが、その一方で台風で割れたり、空き巣被害で不安も感じる場所です。シャッターは窓を守り、生活に安心を与えてくれます。

費用の目安

シャッター¥50,000~

面格子

ぺヤプラス仕組み
どんな窓にも
後から取付可能

しっかりと防犯効果を高めながら、家から見える景色を楽しみ、外からの風をしっかり取り込みたい方にお勧めなのが窓格子です。家のデザインに合わせた様々な種類があります。

費用の目安

面格子¥30,000~

防犯ガラス

ぺヤプラス仕組み
特殊フィルムの
強力ガラス

2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化した強化ガラスです。バットやハンマー等でもなかなか割れず、仮に割れたとしても、手を入れ鍵を開けるほどの大きな穴は開きません。

費用の目安

防犯ガラス¥30,000~

雨戸

ぺヤプラス仕組み
台風の多い地域におすすめ

シャッターと同じく、台風や空き巣から家を守ってくれるのが雨戸です。台風対策の効果や防犯効果はシャッターよりも高く、丈夫で長持ちします。また、断熱・防音効果の高いものもあります。

費用の目安

雨戸¥50,000~