logo

複層ガラス ぺヤプラス

ぺヤプラス仕組み

ペヤプラスは、高遮熱・断熱効果のあるLow-E複層ガラス「サンバランス®」を、既存の単板用サッシに使えるようにアタッチメントフレームと一体化した商品です。断熱性の高いアルゴンガスを封入することにより、乾燥空気を封入した一般的な複層ガラスと比較して断熱効果をより高めています。頻繁に開け閉め・出入りする窓や、物を置きたい出窓、開きタイプの窓などに最適です。

ぺヤプラス仕組み

断熱性を高めるアルゴン
2枚ガラスの間にはアルゴンが封入されています。アルゴンは断熱性の高い無害無臭の気体で、室内の冷暖房効果をさらに高ます。アルゴンは空気と比較して1.5倍の断熱性があります。

ぺヤプラス仕組み

高遮熱・断熱・省エネ・結露防止・紫外線カットに有効なLow-E複層ガラスに、比較的簡単にリフォームできます。

ペヤプラス®は、高遮熱・断熱効果のあるLow-E複層ガラス「サンバランス®」を、既存の単板用サッシに使えるようにアタッチメントフレームと一体化した商品です。断熱性の高いアルゴンを封入することにより、乾燥空気を封入した一般的な複層ガラスと比較して断熱効果をより高めています。頻繁に開け閉め・出入りする窓や、物を置きたい出窓、開きタイプの窓などに最適です。

断熱性UP

ぺヤプラス仕組み

※熱貫流率とは
窓や壁などの各部位で、熱の移動を表す数値。「室内外の温度差が1℃のとき、面積1㎡あたりの移動する熱量」で数値が小さいほど断熱性能に優れています。(単位:W/(㎡・K))

結露対策

ぺヤプラス仕組み

※写真はイメージです。
※温度差は室温20°C、室内温度60%の時に結露が始まる外気温度の比較。

遮熱性UP

ぺヤプラス仕組み

日射熱取得率が通常のガラスよりも2倍ほど小さくなります。
※日射熱取得率とは
ガラス面に到達する日射のうち、透過するものと、吸収された後、室内側に排出されるものの割合として求められます。数値が小さいほど遮熱性能が高いことを意味します

省エネ性UP

ぺヤプラス仕組み
ぺヤプラス仕組み

既存ガラスと取り替えるだけ
ペヤプラスは今お使いのサッシはそのままで、ガラスだけを一枚ガラスからLow-複層ガラスに比較的簡単に取り替えることのできる、アタッチメントフレームを一体化した商品です。

ぺヤプラス仕組み

網戸に干渉しにくいスリムタイプ
窓のサイズ、ガラス構成によって網戸の干渉を受ける場合があります。その場合は網戸干渉が少ないペヤプラススリムタイプ(製品呼び暑さ10,12ミリ)をご使用ください。

施工例

After

施工例 ぺヤプラス after